ナイスガッツ!ナイストライ!! / 合コンの美女は友人の妹(完)

 

<第8ラウンド>

マミちゃんはこの後に予定があるとのことなので、元町駅付近で彼女を降ろしました。
しかし、マミちゃんとともに、ルイちゃんも車から降りてしまいました。

2時間前のデジャヴ、今度こそ、解散の流れです。

脳が命令を出す前に、そう、脊髄反射で、ぼくは運転席から降りました。
そして、まだその場に留まっているルイちゃんに声をかけます。

「ルイちゃんは今からどうするの?」

「えっと、電車で帰ります」

「それなら車で送ろうか?」

「いや、悪いですよ。手間をかけてしまいますし」

「手間じゃないよ。俺らの帰り道やし。さあ、乗ってよ」

「ありがとうございます。ではお言葉に甘えて」
そう言って、彼女は愛車のFITに三度、乗り込んでくれました。

さっきまで白旗を振り回していた心の中のぼくは、鉢巻を巻いた姿で、よっしぇあ!と叫んでいました。

彼女の家の方面に車を出したとき、路肩でマミちゃんが手を振っていました。

「今日はありがとうな!マミちゃん」
ゴム毬のように弾んだ声をかけて、アクセルを踏み込みました。

 

<第9ラウンド>

「プリズンブレイクは見た?」

「シーズン12までは見ました」

きゃぷてんは、後部座席のルイちゃんと海外ドラマの話で盛り上がっていました。

洋服の青山、ライフ、宮本むなし…
高速神戸と新開地の間の幹線道路を通りながら、ぼくは必死に頭を捻っています。

彼女を家の近くに降ろすまであと5分もない、どう誘おうか、と。

彼女は、「ラインで誘われても断ることもある」と言っていたので、今日のうちに、次のアポイントメントをとるしかないのです。

誘うとすれば、彼女を車から降ろしたとき、ここしかないのです。

ジャブを放ち、ボディブローに耐え、クリンチで時間を稼いだここまでの9つのラウンド。

そして、最後の戦いはやってきました。

 

<最終ラウンド>

「この辺でいい?」ぼくはルイちゃんに尋ねました。

「はい、本当にわざわざありがとうございます」

彼女の返答を聞くと、ぼくは勇気を振り絞って言葉を吐き出しました。

「全然いいよ。あとさ、今度二人でご飯に誘おうと思ってるんやけど」

「えっと、大勢で飲むのは好きなんですけど、2人でご飯はちょっと…」

 

・ ・

 

ぼくは目が点になりました。

「え?なんでなん?」

「ご飯を食べるのに集中したいじゃないですか?

2人だと、ちょっと集中できないというか…」

とっさに捻りだしたであろう断り文句は、ぼくの心を粉々にします。
横目で捉えた助手席のきゃぷてんは、必死に笑いをこらえています。

しかし、諦めの悪さがぼくの唯一の武器です。

「じゃあドライブは?」

「うーん、それはもっと無理です。
二人きりだとなんか、できればみんなでがいいです」

「そっか」

「すみません」

「気にせんといてや。じゃあ、またみんなで!」

ぼくは強がって彼女に別れを告げました。

「友達としてしかみれない」、の次に言われがちな言葉、


「みんなで」

今回の物語はこの台詞で幕を閉じました。

<epilogue-オトバ情緒に満ち溢れたりけり->

 

「ナイストライやん」

路地に車を止めて、俯いているぼくに、きゃぷてんは声をかけました。

「俺は妹ってだけで、もうドロップアウトしてしまった。
けど挑戦して、アプローチしたってことはさ。
ナイストライや」

画像1

 

「それは褒めてるんか?」

反省会をしながら、ぼくらは母校に足を延ばし、路地に車を止めました。
懐かしい校門―7年前ぼくが散髪をしてもらった場所―に移動し、きゃぷてんはタバコをくわえてライターに火をつけました。

「俺も一本くれ」

25歳になってから煙草を始めてはみたものの、いまだに上手く肺に吸い込めないぼくは、とりあえず吸ったふりをして、タバコ独特の間合いを楽しみます。

そして、二人が吐き出した煙は、空に舞い上がって消えていきます。

「卒業してからもう7年か」

「ルイちゃんさ。姉ちゃんに言うんやろな。
`お姉の同級生にアタックされた`って」

「そんなこと気にするな。
たぶん俺が告白しても無理やった。誰でも無理や」

「そうか?」

「あの子は大勢派や。ご飯が食べたいって言うてたからな」

「けど、二人で飯行った人もおるって言うてたやん。
俺はその段階にさえいけんかったわけやろ?」

ネガティブになるぼくに、きゃぷてんは救いの言葉を差し伸べてくれました。

「逆にメリットも考えろよ。
もしルイちゃんと付き合って、結婚したら、
正月に姉の`谷さん`と毎年会わんといけんのやぞ?

気まずいイベントを回避できたやん。

しかもさ、あれはたぶん、助手席に俺がいたから断られたんや。
ラインでもっかい誘えば、二人でいけるかもしれんぞ」

「ほんまか?」

地元のバッティングセンター、王将に場所を移して、ぼくらは語らい合いました。

「けどさ、ええ子らやったよな。
お会計のときちゃんとお金だしてくれたし」

「そうやねん。
飯おごりおじさん、飯奢って振られるを繰り返してきた俺としても、まさかやったよな」

ここできゃぷてんは、やはり彼自身気にかかっていた妹、という点に言及します。

「たださ、妹やからなあ。
俺はやっぱり、同級生の妹に恋愛感情はもてん」

「まあな。けど、世の中の男性陣の割合はどうなんやろう。

ナイトスクープに依頼しようかな、`同級生の妹は恋愛対象になりますか?って」

「ありやな。
てかお前はさ。なんで、そんなに振られてもまだ明るいんや?」

「なんでやろ。
俺はたぶんさ、障害があるほど燃えるんや。
難易度の高いゲームをクリアしたい。

オセロの盤面で言うなら、真っ黒の敗色濃厚になってから、それをひっくり返したい」

「それは、10年前のあさっぴへの恋やろ?」

「そうや。あの成功体験の爽快感を知ったら、もう病み付きになるんや。
恋愛も仕事もさ、イージーカムイージーゴーってやつやと思う。

すぐに手に入るものは、すぐに飽きてしまう。
だから、難易度が高くて、障害があるほど、その状況を覆したときの喜びが大きいんよ」

「珍しい感覚を持ってるな。
まあ、このペースで行動していったらいずれお前はいけるからさ。
これからもどんどんナイストライをしていってくれ」

きゃぷてんは、ぼくのナイストライ祝いとして、この時の王将のお会計を払ってくれました。

そのときの餃子の味は、いつもと変わらない美味しさでしたが、なぜか少しだけ塩辛く感じたのです。

 

 

【合コンで苦い思い出もあった私は…フィオーレの街コンに参加することにいたしました!】



【貴重な時間を使って読んでいただき、誠にありがとうございました!】

当ブログは、「人生はRPGゲームだ。喜劇も悲劇も道中を楽しむ。すべてをエンタメに昇華しおもしろい世の中にしていきましょう!」という意気込みで運営しております。

「学歴、年収、結果、出世、結婚…」 常識や世間体、既定路線の資本主義競争、かつての私はそんな結果だけにこだわっていました。そんな中、とある退職が転機になり、人生観が180度変わります。 「やらなきゃいけない!」なんてない。

「おもしろくなき世をおもしろく!」

6話  校長、もしや慢心ですか? / 俺たちバグジー親衛隊 Ⅰ章

俺たちバグジー親衛隊  疲れた金曜の夜に、ふっと笑えるコメディを。「バカげている事ってめちゃめちゃ楽しいですよ!人生って結構面白いですよ!」

「学歴、年収、結果、出世、結婚…」 常識や世間体、既定路線の資本主義競争、そんな結果を忘れて、ただ、今この瞬間を楽しむ。それが俺たちバグジー親衛隊に登場する人物たちです。

おバカなことでも全力で生きているとなぜか楽しくなる。そんな魂を届けます。

「俺たちバグジー親衛隊」人生を楽しむ名言がスタンプになりました!
おーるおっけーありがとう! いけたら?ラッキー! フル価値観
自己打破!! クォーター間の休憩は大事! 諦めんなあ!!

 

【姉妹サイト・関連コンテンツのご紹介】

①徒然道草 「さすがに草」俺たちバグジー親衛隊の意思を継ぐ著者が、おもしろくなき世をおもしろく~心行くまで人生を堪能するためのブログを始めました。サブカルから名言まで幅広く。

②クリプト≒フリプト 投資情報メディア- 「経済的自由を得て、充実した人生を送る人が増える」ための情報を発信しています。人生を楽しむために資金やお金の心配をなくしてしまいましょう。クリプト≒フリプトでは暗号資産に関する情報を中心に、資産を増やすための方法を発信。

デノミネーション・ハイパーインフレは2020年代の日本で起こりえないのか /フィアット通貨探訪

③徒然道草~道中を楽しむ  オリジナルソングなどを発信するYOUTUBEチャンネル

④エンドビギニング 筆者が2020年にAmazonで発売した電子書籍

⑤投資の美学 ⚔ クリプトルパン 投資情報を発信するYOUTUBEチャンネル


自由人ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

※当ブログのドメインは「お名前.com」で取得しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です